「いま、会いにゆきます」(※毒で卑猥な感想...)

日曜日にテレビでやってたので、やっとこさ観ちゃいましたよ・・・
「いま会い」。(←この略し方もちょっとなー...解せぬ)

「世界の中心で、愛をさけぶ」と並ぶ純愛作品ですが・・・
サクサクッと感想を書くと、
正直...

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜む。

ごめんなさい。あまり感動できませんでした。
いや、感動は無理してするもんじゃないけど、
「世界の中心で〜」みたいに胸にグググッとくるものが少なかった。ウルッとこなかった。
それは何故か?!

・・・やはりあのー、
「この映画がきっかけで出来ちゃった結婚した竹内さんと中村さん」という
先入観と絶望感(?)と軽蔑感??という複雑なアレだからかしら...。
ごめんね、ピュアな見方が出来なくて。
高校時代の回想シーンは好きなんだけどもね。(これは「ラブレター」も然り)
てゆうか、個人的に巧は高校時代の方がいいな・・・。
ホームで初めて手を繋ぐシーンは萌えたけどもなっ。

物語の内容としてはめちゃくちゃファンタジーでスコシフシギなので良いのですが。

特筆すべきことは、なんといっても竹内結子でしょう!
私は女子ですが、まんまと彼女の魅力にノックアウト。(おみンに怒られそうだけども)
あの〜、なんというかね・・・
モテる女の真骨頂をまざまざと見せつけられたというか・・・。(まさにジェラシー!)
私、やっと解ったんです。
ああ、「これがモテる女ってやつなのね!」 と。
竹内結子の魅力・・・それは、
女性らしさ!!
(しぐさ、たたずまい、笑顔、物腰、落ち着いた声、喋り方、チャーミングさ)
そりゃ、これだけ備えかねていれば競演俳優の男性は惚れるわなー・・・。
あの手を握りたい、肩を抱きたい、添い寝したい、チュウしたいわな。
結局男性は「母性」に弱いのね。
私が非モテなわけだわー・・・(遠い目)
と、違った(曲がった)見方でこの作品を観ていたワイエルさんなのでした。

しかし私も出来ちゃった結婚はショッキングだったのよ。(所詮他人事だけどさー)
竹内さんは朝ドラ「あすか」に出ていた頃から好きなタイプだから。
「自己紹介」の好きな芸能人・俳優の欄にも記載してるし)
一見清純そうなくせに、ヤることはしっかりヤってるのね〜みたいな...(お下品な表現ね)
しかも生で・・・?みたいな・・・。あらやだ。ワイエルさんったら卑猥ねっ。
芸能界なんて・・・、所詮ドロドロした世界なのね。。。こわいねー。(どーでもいいけどな)

・・・。
テレビ版を観た私がひとつだけ憤慨したことは、
ラブシーンがカットされてる!!!
ムキーっ!
ミキオにとってもらったWOWOW版でもう一回見直そう・・・。(必死だな)


結子(呼び捨て)にまんまと萌えるコアラ、そんなお前にもジェラシー。(嘘)
[PR]