SPECIAL THANKSが埋まらない

ネガテブ愚痴っ記はつづく。
水曜日、TSUTAYAで借りてきたCDの歌詞カードをパラパラ見ていて
フとこんなことを考えてしまった。

「ああ、私・・・もしCDアルバムを制作しても、
歌詞カードの最終ページのクレジットのところの
"SPECIAL THANKS"の欄が空白じゃなかろうか・・・」

SPECIAL THANKS欄って、
そのアーティストがCD制作の際にお世話になった
他の有名ミュージシャンだったり業界関係者だったり知人だったり、
数十名ずらっと羅列されてるじゃない。
同じ業種で仲の良いのって正直羨ましい。
お互いに切磋琢磨できるし、協力し合えるし。
私にはそういう仲間も知り合いもおりません。(クリエイティブ関連で)
強いて書くとしたら、
「お父さん、お母さん」だけじゃなかろうか・・・(せつねー)

そういう系の事(交流関係)で、無駄に落ち込んだりします。
ああ、私は意外と友達が少ないなーとな・・・。(暗いよねー^^;)

私がIFもしも結婚できたとして、披露宴をやりたがらないのもそういう理由かも。
「自分が主役」ってのがこっぱずかしいのも第一の理由なんだけども、
その次に、呼ぶ人が少ないこと・・・。
何十人も呼べる人いないよー・・・。わびしいじゃないか。
だったら少人数でレストランウェディングでも良いじゃないか。
いやむしろ、私は冠婚葬祭などのかしこまったやつが苦手なので
普段着で(notスーツ、ドレス!)居酒屋でも全然構わないんだけども・・・。
ああ、小心者の小市民。小市民ワイエルーン。

とか、自分が死んだ時に葬式に来てくれる人はどれだけ居るのか、
めちゃめちゃ暗い事ばかし考えてしまう。
てゆうか、友達が少ないのは排他的な自分のせいだね。。。orz
いざというときに遊べる友達(知り合い)が少ないんだもの。
人とのコミュニケーションが苦手なんだもの。
人との距離の保ち方がよく分からないんだもの。
常に受け身な体勢なんだもの。
しかし本当はもっと色々な人と出会いたいし、交流を広げたいもの。
それ以前に出会いの機会がありませんよ。
どうしたものか...

他人を嫉妬してるだけじゃただの負け犬だ。
[PR]