ワーカホリックJAPAN

★副題:人生は働くためだけにあるんじゃない!

日本人は恐らく世界で一番働く国だと思います。
毎日残業残業残業∞、
徹夜徹夜徹夜、
そして朝は早く超満員の電車に揺られ…∞

…私の友人にもそんな日々を過ごす子が沢山おります。
終電近くまで残業、土曜も出勤、
最悪の場合は会社に泊まったり…。

もう本当にねえ
みんな働きすぎだってばさ!
聞いてて気の毒になる。
そしてなんでそんなに激務なんだろうか。
まあ、人数の少なさや納期の問題だろうけども…
それにしても働きすぎである。
ほとんど働くためだけに生きている感じだ。
人生の8割以上が労働だなんて冗談じゃない。
(労働が大嫌いな私はますますそう思う!)
アメリカなどをみてごらんなさい。
スターウォーズ エピソ−ド3を良い席で早く観たいがために
欠勤者が続出して社怪現象になっているじゃありませんか。
(別に欠勤を推奨はしてませんが。^^;)
そんくらい、仕事に対してある意味いい加減でも良いのでは??

別に働きすぎている人々に文句を言ってるんじゃないんです。
このご時世に対してやるせなさを感じるんです。
どうしょもない事は分かってるんだけども…。

…そんな私は中小企業に勤めているので
毎日だいたい19時には帰れます。
…う〜む。
これってどうなのよ。
この差は一体…

要するに皆多忙らしくてなかなか会えない事に不満なのかも(^-^;
[PR]