<   2007年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

日曜日、たまたまテレビで「Qさま!」がやってて、
ドッキリ企画で優香が会話中におならをしたらどう反応するか?
ってのをやってたので見てました。
(おなら音をしかけるのは青木さやか)

で、実際しかけた結果、
ほとんどの芸人は聞いて聞かぬフリで誰もつっこまなかった
(つっこめなかった?)のですが、
さまぁずの三村だけ、「今おならした?おならしたでしょ!」って
笑いながらつっこんでくれた。

この人、良い人だあ~~~!と思った。
「おならしても可愛いよね、優香ちゃんなら」みたいなフォローもバッチリ。
やっさし~い!

三村の好感度がグンと上がりました。(笑)

自分の失敗を笑ってつっこんでくれる人っていいよね。
しかもその後ちゃんとフォローしてくれるなんて、素敵すぎる!
だって何も反応してくれなかったらすっげー恥ずかしいもんね!
[PR]
c0004466_1721261.jpg

何気なくやったら
ババァ(シークレット)が出た!
やったぜ!
うんこつき!

おパンツはいてる~~。(笑)
(さすがにノーパンはフィギュアにする際マズイのね。--;)

しかしけっこうでかくて携帯につけられない・・・!
うんこだけしか付けられない。

うんこれんこすんな。(韻をふんでみたり)
[PR]
♪「ピーターラビットとわたし」  大貫妙子

私もお母さんと観てきました~。@ワーナーマイカル
「ミス・ポター」

言わずもがな、世界的に有名なピーターラビットの作者、
ビアトリクス・ポターのノンフィクション物語です。


や~、良かったです。
なんだか元気と勇気と嫉妬(笑)をもらいました。
動き出すアニメのピーターも可愛かった~。
ユアン・マクレガー、良いな~。
やっぱり自分自身で行動しないと
恋も名誉も手に入らないのですね。
ふたりの進展に女性客は皆「ほぅ・・・」と、うっとりしていました。
私も頑張って行動しなきゃ・・!!
それにしても最近、ちょっとしたことでウルんでしまう。
涙腺弱くなったなあ。歳とったなあ。(笑)

イギリスで買ったピーターラビットのコーヒーカップを20年以上愛用中です。
ぬいぐるみと絵本も持ってたのに捨ててしまった・・・。(後悔!)

ビアトリクス・ポターの原画展とかやってくれないかなあ。

しかし今日も寒かったねえ~。^^;
[PR]
ねー。土曜は・・・。
日曜日も寒いらしいですよ。(タモさんの口調で)

相当疲れてた?せいか、
土曜は15時半まで爆睡してました。
まさに爆睡スランプ!!!
なんか変な夢を見たっぽいし・・・。
(思いっきり歯をくいしばってた)
はふん。

会社の営業Mさん(既婚)と、東京に遊びに来たデザイナーのMさんと
3人で飲みました。
ふたりとも関西の人です。
4時間くらいしっぽりと語り合ってました。

難しい話になると黙り込むワイエル。(苦笑)
あと大阪の地元トークも黙り込まざるを得ないですわー。
まあでも楽しかったっす。
話せてよかった。
ぶっちゃけ、その営業Mさんは実は苦手だったので。^^;
ははは。

モチベーション下がりっぱなしなんです・・・。
だから転職するのは逆に良いんじゃない?と言ってもらえました。
あと
「前橋さんは負のオーラさえ出してなければイイのに」とも。(笑)
ははは。負のオーラて。
自虐ネタは私のキャラなのですが・・・ね。
難しいねえ。
自分がよかれと思ってやっている言動が
時に人を傷つけていたり、
人を不快にさせていたりするわけだものね。
テンパるとどうも駄目で・・・。^^;
もっと自分に自信と余裕を持ちたいところです。
あともっと要領よくやれればなー。
タイミングとか悪すぎるんじゃー。ヽ(`Д´)ノ わーん。


<どうでもいいPS>
沢尻エリカ姫の傍若無人っぷりに若干イラつきます・・・。
おま、どんだけ・・・!

ワガママ放題やっててもちゃんと仕事をもらえるってのが納得できないっす。
芸能界なんて・・・・。

<どうでもいいPS>

すきです。土田さん。
[PR]
はー。=3
送別会はいろいろ思うことがあれど・・・。
むかつくこと含め。
なんか私は幹事になってるし(U君にやれといわれただけだ)
文句言われるし。
やっぱジジババ含む飲み会の幹事なんてやるもんじゃないな。
(やりたくてやったわけじゃないけど。)
なんだかなあ。
(腹の底ではブツブツ文句言ってました。)
臨機応変に弱いタイプです。

あー。
某バーで、
サーフィンやってる49歳のフィルさん(仮名。フロムアメリカ)にやたら気に入られて、
お酒とピッツァをゴチになり、
連絡先まで渡されてしまった。

うわーい。
よう考えたら初めてナンパされちった。
しかもフィルさん独身ときたもんだ。
ははは。

やっぱ外国の方っていいな。
気軽に話しかけてきてくれるし、
日本人みたいに変な壁作って詮索してこないしな。
あー、
フィルさん、せめて30代だったらな。
残念だ。(笑)?
なんちって・・・。

日本語お上手だったけど、
連絡することはないと思う……。

日本人より外国人が実は狙い目…!?
なんちって。
ありえへん。
ははは。


「まりもっこり!」だとか
「きんたま!」だとか真顔で言えちゃう
小学生レベルでは駄目ですね。えへへへ。
[PR]
買いました。
PUFFY 「honeycreeper」


だんだん妖艶・・・いや、綺麗になってゆくPuffyちゃんたち。
作曲陣が豪華。民さんもいる。
「妖怪Puffy」の最初のエセ韓国コントは一体・・・。^^;
全体的に悪くはないのですが、
正直前作の方が好きかなあ・・・。
(まあこれは今の気分にもよるかなあ。)
てゆうかまだ一回しかフルで聴いていないからか。

最後の「アイランド」という曲の歌詞の、
ある一節が私を切なくさせたのは言うまでもありません。;;
[PR]
昼に最寄りの大戸屋に行って
お気に入りメニューである「鶏の炭火焼きサラダ定食 バジル風味」を頼んだんですよ。

食べ始めてハッと気がつくと、
サラダのレタス部分に何やら蠢く物体が・・・。

アオムシさんがオイッチニ・オイッチニしてたんスよ。

ぎゃーーーー!?
と思ったけど、そのレタスの部分をよけて食べ続けました・・・。

店員さんに言うべきだったのかしら。
「別にわざとじゃないし、他のところは大丈夫だしなあーー;」と思ったので
敢えて申告しませんでしたが・・・。
(言ったら作り直してくれるんだろうけど、時間なかったし)

・・・アナタならこういうときどうする?
(でもサラダは大幅に残しました・・・さすがに。)


あーっ、しかしパーマよ・・・
やっぱりうまくセットできないよー。
なんかただのボサボサ頭になってしまうわ・・・。
ワックスよりムースの方がいいんかな。
[PR]

ファンタジー作品の巨匠、大林宣彦監督作品。

40の男がある夏の日、幼い頃に事故で亡くした両親と再会するという
SF(スコシフシギ、いや、セツナイフシギ)なお話。ホラーあり。

この映画は過去一回観たのですが、
成人になった現在もう一度観てみました。

こういう「死んだ人間に再会する」系は、問答無用で涙腺を緩ませてくれます。
不謹慎かもしれないけど、
ご両親を亡くされた方に是非観て頂きたい作品だと思いました。
両親と楽しく過ごす夢のようなシーンは本当にじんわりします。
「親の苗字聞くこどもがどこにいるのよっ」っていう台詞がなんか良いな。

両親役の片岡鶴太郎と秋吉久美子が良いんだなー。
下町の人情味あふれる夫婦を好演しています。なんだかホッとさせられる。
お母ちゃんお手製の甘すぎないアイスクリームを食べるシーンや、
3人ですきやき屋に行くラストシーンがなんとも切ない・・・。

夢だったのかもしれないけど、
でもそこには両親が確実に同じ時間を生きていた。

見終わった後は、親孝行しなきゃ!と思い直させてくれる映画でございます。

しかし・・・
ラストのあのオチは「やっぱりか!」のような、「そうきたか!」のような・・・。ーー;
うーん。(笑) 確かに初期作品の「ハウス」を彷彿とさせる・・・。

あと大林作品でオススメなのは「ふたり」です。
(こちらも死んだ人間が幽霊になって現れるお話)
[PR]
ぎゃぴー!
民さんの新曲だわー!
このCMが流れてすぐ分かったもの!(愛だよ、愛。)

松尾貴史さん主演の新ブラックニッカクリアブレンドのCM
[PR]
おめかしして、パーマをかけ、

ジャズのライブに行きました。

ええ、もちろん おひとりで。
ふふふ。
(涙がキラリ☆)


国際フォーラムの野外で行われました。
ちょいと肌寒かったです。
私のお目当てはT-SQUARE!
(てゆうか・・・それしか知らなかったり。正直T-SQUAREはジャズじゃないよね?)


<本日の演者>
あんみつ
DIMENSION
T-SQUARE
マイク・スターン・バンド featuring デイヴ・ウェックル、クリス・ミン・ドーキー、ボブ・フランセスチーニ

以下、愚痴まじりな感想。(笑)
[PR]