「セーラー服と機関銃」

WOWOWでやっていたので観ました。
以下、稚拙な感想でございます。

角川映画。
うーん。なるほど。時代を感じるなあ。1981年か・・・。
星泉(薬師丸)登場シーンがブリッジ姿・・・(笑)。(何気に体が柔らかいのね。)

うん・・・まあ、面白かったっす。
「ヤ@ザ」という我々にとってはアウェーな世界+セーラー服の女子高生という
ミスマッチな組み合わせが斬新だ。
(窪之内英策の漫画の「ショコラ」みたいな設定)

佐久間役の渡瀬 恒彦さんがね・・・かっこよい。惚れた。
(私も守ってもらいたーい! キャハッ)
(だからといってヤ@ザな彼氏はごめんだ。)
同級生に慎吾ちゃん(柳沢)が出ている!

ラストシーンはちょっぴり切ない。(やっぱりラブだったの??)
しかしセーラー服に赤い口紅、赤いハイヒールって。モンローて。
少女から大人への目覚め・・・か・・・なるほどねえ。


昔の薬師丸ひろ子さんは可愛いなあ。
ちなみに、私がはじめて買ったCDアルバム(レコードじゃないよ!)は
薬師丸さんの「ラヴァーズ・コンツェルト」です。
[PR]