「完全自殺マニュアル」 鶴見済 著

を、今読んでいます。(珍しく活字を読んでいる)

はじめに断っておきますが・・・


私は自殺願望は一切ありません。

そりゃ「死にたい、消えたい」などとフと考えてしまう事は誰しもあると思うけど、
本当に死のうとした事は一度もありません。
自傷行為も一切ありません。
私にはそんな勇気ない。
自殺や自傷に「勇気」だなんて、語弊があるかもしれないけど。
痛いのは嫌だ。歯医者でさえ恐いのに。(筋金入りのチキン)
むしろまだまだ死んでたまるか。

『生きてもないのに死んでたまるか!』 (野狐禅 「鈍色の青春」の歌詞より)
だ。

この本は自分で買ったんではなくて、
たまたま社長の娘さんがいらないというので、
「捨てるのはもったいない」と思ってとりあえず貰ってきました。
(社長の娘さん・・・何故この本を買ったんだい。他にも吉川ひなのの本とか・・謎だ)

この「完全自殺マニュアル」という本は
1993年に発売されベストセラー、そして物議をかもしだした問題作です。
(私は当時、自殺なんて自分に無関係だったので大いにスルーしてましたが)

私のように、絶対に自殺をしない・したくない人が読むには問題ないと思うのですが
(そういう意味では、個人的にどんな内容か知りたい程度の興味なら無問題?)
ちょっと危うい人には当然ながら絶対におすすめなんて出来ません。
この本がきっかけで、実際に自殺してしまった人が続出したので
一部の地域では「有害図書」扱いになってます。(そりゃそうだよな・・・)

今日は帰りの電車をわざわざ各駅のやつに乗って、座って読んでみました。
(さすがに堂々と読めないので、おじさんがよくやるように表紙を裏っかえしに。)
想像してしまうとグロイ・痛い描写がありますが、
でも、不謹慎ですけど、(あくまでも自殺願望ゼロの私にとって)
内容は興味深い・・・。面白い・・・。人間の体の神秘というか生命力のフシギというか。。
詳しくは書けませんが、「へえ~・・・そうなのか・・・」と少し勉強にもなる。
やっぱり自殺した人、しようとした人にしか分からない内容も多々であり・・・。
人間は簡単に死ねたり、死ねなかったり・・・・。
本当に不思議な生き物だ。

自殺に関しては深く語れませんので・・・
以上!(逃)
[PR]